2018年7月17日 (火)

うの字のみち

週刊せんてんす◇Vol.831◇7/17

● 迂回路

久しぶりに海まで行こうとこぎ出した、いつ
もの川べりのサイクリングロード。あと数キ
ロのところで、迂回路を示す看板に出くわし
少しばかり興ざめ。今年いっぱいは整備工事
が続くとあるのを横目に、迂回路もまたいい
ものだと思い直す。

◆何かと迂回路の多い人生だったような気がするし、
 これからもあれこれ、それは迂回路に出会うような…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

名残りの

週刊せんてんす◇Vol.830◇7/10

● 名刺2枚

高校の同窓会があり、いつものように酔っぱ
らっての翌朝に、2枚だけの手元の名刺を見
つめながら、以前の同窓会だともっと多くの
名刺を手渡されたはずなのにと記憶を辿る。
みんなそもそも名刺など持たない生活に入っ
たということか。

◆もともとこちらから名刺を渡すことはなかったのだけど、
  我が同窓会の当然ながらの高齢化を感じさせられ、やれやれ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

1/2

週刊せんてんす◇Vol.829◇7/3

● はんぶんこ

つい最近で言えば、一個だけの氷室饅頭だっ
たり、一本だけのアイスクリームだったり。
夫婦ふたりの生活になってからか、なにかと
「半分こ」するシーンが増えたような気がす
る。遠い子供の頃にしても、妹と二人での半
分こを思い出す。

◆さて、今年も半分が終わってしまったけれど、
  これからの半年の、そのまた半分も意識するのかなっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

ハイタッチ

週刊せんてんす◇Vol.828◇6/26

● 別れ際

それぞれに力加減を違えながら握手をし、そ
の温もりぐあいや返ってくるやさしさをあり
がたく確かめる。何人かとハイタッチなどと
慣れぬことをすれば、ときに手の重なりぐあ
いがずれ面はゆかったりする。言葉より肌ふ
れ合わせる別れ際。

◆どんなに歳を重ねても別れ際はなんとも難しい。
  それだけに味わい深さもそこにはあるのだけど、さてっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

週刊せんてんす◇Vol.827◇6/5

● 右肩下がり

ジョグよりウォークばかりの軟弱なこの頃。
嫁さんに一緒に歩きますかと誘うと珍しく頷
いた。とみに立派になる体重への危機感なん
だろうか。で、歩くときの右肩下がりを指摘
されて思う。確かに鞄やリュックは左肩にか
けてばかりだった。

◆あらためて鏡の前に立ち確認しながら誓う、
  これからは右肩にバッグをかけるようにしよう。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

天敵

週刊せんてんす◇Vol.826◇5/22

● 錦織対ジョコビッチ戦

土曜日の未明、足がつり、目覚める。スマホ
で途中経過をチェックすると、3セットに入
り3ゲーム3とあった。これは観なければと
テレビの前へ急ぐ。囲碁では山下九段が対井
山本因坊戦で連敗を止めたのを観たこともあ
り期待したのだが。

◆足がつったおかげでのライブ映像に感謝しつつも、
  悔しい12連敗を噛みしめながら二度寝した。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

週刊せんてんす◇Vol.825◇5/15

● ツバメ調査

出かけようとした玄関先で、数人の小学生グ
ループに声をかけられた。このあたりにツバ
メの巣がある家はありませんか。ここしばら
くは意識したこともない質問を受け、そうい
えばあまり目にしなくなったことに気づかさ
れ空を見上げる。

◆むかし駐車場で巣作りを始めたこともあったけれど、
  途中でポトンと落ちてしまってからは再挑戦を見ない。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

我 流

週刊せんてんす◇Vol.824◇5/8

● 同窓会ゴルフ

年二回のコンペを続けて六十二回。スタート
ホールでは世話人がティショットを映してく
れる。編集動画がアップされるのを心待ちに
し、自分のスイングをじっくりチェックする
のをいつも楽しみにしている。悪いところが
それはよくわかる。

◆にしてもみんながみんな違うスイングをしていて、
 なんとも不思議なスポーツだとあらためて思う。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«松岡正剛