2018年11月13日 (火)

警策

週刊せんてんす◇Vol.848◇11/13

● 座禅堂

禅寺を見学する機会があり、座禅堂なる空間
にそっと身をあずけた。あくまで見学であり
座禅体験に行ったわけではないのだが、あの
警策によるビシッとした一発を住職にお願い
してみた。容赦のない一発を頂いた肩が数日
過ぎた今も痛いっ。

◆僕の肩が動いて打ち所が違ったからの痛みなのか、
  それとも我が煩悩が目を覚ました痛みなのか、はてっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

七時半

週刊せんてんす◇Vol.847◇11/6

● 朝食時間

これまでもずっと嫁さんの出勤時間からの逆
算で決められてきた。この春までは七時だっ
たのが近頃は七時半。二度目の定年を迎えて
なお、また新たな職場を見つけたからのこと
なのだけど、さて来春もまた時間変更を強い
られるのだろうか。

◆ちなみにNHKのBSで連続ドラマ「まんぷく」を、
  夫婦ふたりで観ながらのなんとも平和な朝食時間ではある。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

あれから

週刊せんてんす◇Vol.846◇10/30

● 十年

そう言われて思い出すものといったら、もち
ろん人それぞれだろうけれど、僕の場合はや
はりリーマン・ショックになるのだろうか。
大学時代の後半一年半ばかり働いた證券会社
での、黒板への値書き仕事を妙に思い出した
のもあの年でした。

◆さて41歳の新人としての歩みはあれから何年…、
 この11月3日は、我がセンテンスの創立記念日です。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

一株の

週刊せんてんす◇Vol.845◇10/23

● ビオラ

我が玄関まわりのプランタには、いつの頃か
らか多年草のマツバギクが、好き放題に足を
伸ばすようになった。手間がかからないので
僕としてもそれを許してはいるのだが、この
冬の彩りとしてわずかな隙間に一株のビオラ
を滑り込ませた。

◆ホームセンターの園芸コーナーで手にした84円の一株。
  レジで聞くと一株だけ買うお客さんも少なくないとのこと(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

ビリヤード

週刊せんてんす◇Vol.844◇10/16

● ピカソ

地下にあるその店への階段はまさにタイムマ
シン。京都七条花屋町角「ピカソ」という店
での大学の先輩とのビリヤード。四十数年前
に手ほどきを受け、何度となく遊んでもらっ
たのを思い出しながらのひととき。勝負に負
けたのは昔と同じ。

◆一昨年だったかに二人の孫と遊んだ温泉ビリヤードが、
  なんの練習成果にもなってなかったのは言わずもがな…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

すこやか

週刊せんてんす◇Vol.843◇10/9

● すこやか検診ウィーク

期限が迫りようやく予約の電話を入れる。行
きつけの医院がみな同じで、2日が僕、4日
が妹、そして6日が嫁さんと見事に続くこと
になった。3人それぞれ同じ内視鏡で胃を覗
いて頂いたようでお世話になりました。次は
ぜひ早めに予約を。

◆「軽い逆流性食道炎」が見られますねと、
  同じ症状について言われた嫁さんと僕ではあります。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

有料ごみ

週刊せんてんす◇Vol.842◇10/2

● 分別

エアコンの取付工事を前にして、室内機まわ
りの作業がしやすいようにとの思いから始め
た「分別」にはまってしまった。言うまでも
なく、捨ててしまっていいものの方がよほど
多い。で、燃えるゴミの種別あれこれを改め
て確認する日々。

◆それらを入れる有料の金沢市指定ごみ袋を前にして、
  事務所全体にまで波及した模様替えを愉しんではいる。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

おつきさま

週刊せんてんす◇Vol.841◇9/25

● 「ある夕方、

お月様がポケットの中へ自分を入れて歩いて
いた」 稲垣足穂の「一千一秒物語」にある
という、この一節もまた教えられた。たぶん
僕が知らなかっただけの有名なフレーズなん
だろうけれど、いま妙に沁みるのは月の季節
だからでしょうか。

◆その夕方、ポケットの中に自分を入れたお月様は、
  いったいどこへ向かって歩いていたのでしょうね。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「冬の紳士」