2018年2月13日 (火)

遠くの

週刊せんてんす◇Vol.812◇2/13

● 初体験

こんなにたくさんの雪を見たの、生まれて初
めてでしょ。などと子供たちに聞いている自
分がいて、それはもう大昔の、あの豪雪を体
験している我が年齢を思う。サンパチも、ゴ
ーロクも、君たちはそのとき生まれてもいな
かったんだもんね。

◆でも、いつの日か、君たちもまた、同じことを、
 子供たちに、真顔で聞いているように思う。たぶんね。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

にしても、雪。

週刊せんてんす◇Vol.811◇2/6

● 如月

心新たに迎える睦月よりも、如月の方に何か
の始まりを感じるのは僕だけだろうか。立春
や節分、入学試験や花の便りなど、何気に気
温を感じる話題が、たぶん気持ちを少しばか
り前向きにしてくれるように思う。そう、シ
ニアにしてもなお。

◆さて、あれが始まるのか、これが変わるのか、
 もちろん何もしないことをすることも大切にしたい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

蛇口

週刊せんてんす◇Vol.810◇1/30

● 糸を引く様に

水道水を出しっぱなしにしたのは何年ぶりだ
ろう。おかげさまで凍ってしまうことはなか
ったんだけど、水を使えなくなることを真剣
に心配した数日でした。で、寒い時は銭湯だ
ろうと出かけたんだけど、思いのほか空いて
いて気分ゆったり。

◆いつもより露天風呂がぬるく思えて、
 気温の低さをまさに肌で感じたひとときでした。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

#あああ俳句

週刊せんてんす◇Vol.809◇1/23

● #あああ俳句

上五、中七、下五、それぞれの頭のひと文字
を揃えた俳句もどき。頭の体操、ボケ防止、
痴呆遅延のためということで、五十音順に気
ままなツイートをささやかに愉しんできまし
た。この言葉遊びを「あああ俳句」と名付け
るのはどうだろう。

◆上五、中七、下五の始まりを揃えることと、
  季語をちゃんと入れること。ルールはこの二つだけ(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

未だ完全復活せず

週刊せんてんす◇Vol.808◇1/16

● 放送中断

電波塔への落雷で民放2社の放送が止まって
しまった。翌日になって1社は復活したもの
の、もう1社の電波が届かないまま。我が家
だけではないかと不安になり、お隣さんに聞
いてみると同じ状態だとのことで、ちょっと
安心したのだけど。

◆雪かき中のもう一人のご近所さんに聞いてみると、
 うちはテレビを観ないのでわからないとの返事。うむっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

涎まみれ

週刊せんてんす◇Vol.807◇1/9

● タップ

よだれまみれの手で、ぐちゃぐちゃとタップ
するのを大きな気持ちで許すお正月。一歳を
ほんの数カ月過ぎたばかりの幼児にとっても
スマホは面白いオモチャのようで、ほんと身
近な大人たちのすることを見ては真似するも
のなのだと心する。

◆それなりに生活防水が利いているとはいっても、
  エンドレスの涎まみれ攻撃から草々に退散、退散。(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

千回祈願

週刊せんてんす◇Vol.806◇12/26

● 千回祈願

800回を超えて1000回が見えてきた。とは言
ってもあと4年、この1000%誰の役にも立ち
はしない108字の呟きを、ただただ続けなけ
れば届かないんだけど。ここまでがあっとい
う間なんだから、たぶんそこまでも、そう遠
くないように思う。

◆1000回まであと194回。新年2日はお休みしますが、
 9日(火)からのお付合い、またよろしくお願い致します。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

もうすぐ

週刊せんてんす◇Vol.805◇12/19

● 冬至

南瓜や柚子湯などがいつものように話題にな
るころ。夏至とともに好きな二十四節気のう
ちの一つです。日が長くなり春へと向かうと
いうことで気持ち的にも明るくなりますが、
冬至も夏至もどちらも祝日ではないのが少し
ばかり不満です。

◆そう、春分の日と秋分の日は祝日になってるのにね。
 二十四節気すべてを個人的祝日にするのもいい鴨(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«読書の冬