2017年6月27日 (火)

赤い

週刊せんてんす◇Vol.780◇6/27

● 玩具

もっと早くに機種変更しなければいけなかっ
たんだろうけれど、ほぼ5年ぶりに新しいオ
モチャを手にした。ようやくにしての決断要
因なるもの、それはもう以前から気になって
いた月々の通信費。ちゃんと削減になるはず
だとは思うのだが。

◆レッドに魅せられた衝動買いだとの声もあるけれど、
 まぁ、丈夫なシニア向けマシンとして長く使おうとは思う。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

音楽堂

週刊せんてんす◇Vol.779◇6/20

● 英雄

何年ぶりだろう、ほんと久しぶりにコンサー
トホールでのひとときを楽しんだ。楽しむと
いうほどにクラシックが分かってるわけでも
なく、どこで拍手をしていいのか理不尽な緊
張感を強いられるのは、哀しいかな昔も今も
同じで、やれやれ。

◆そんなクラシック音痴でも「英雄」にはなじみがあるのか、
 何気にタクトを振る自分を思い描いては、いとおかし。(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

菓子袋

週刊せんてんす◇Vol.778◇6/13

● クリップ

ポテチや、おかき、ビスケットの袋を、クリ
ップで留めることが多くなった。ちょっと前
まで、ひと袋ぐらい夫婦で一度に食べきった
ものだけど、近ごろでは数日かけて妻がつま
み僕が食べてはを繰り返すので、クリップは
必需品なのである。

◆そんなクリップで挟まれた菓子袋たちが、
 今日も我が家の「間食専用バスケット」に賑わっている。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

一歩一歩

週刊せんてんす◇Vol.777◇6/6

● 十数センチ

晴れた日にはそんな一歩一歩を、それはゆっ
くりと運びながら老婦人が我が家の前を横切
る。体力維持を図ってのことなのだろうが、
人はどこまでゆっくり歩けるのだろうかと夢
がふくらむ。そう速く歩くには限界があるだ
ろうに、遅さには。

◆ちなみに我がスロージョギングも遅さに磨きがかかり、
 1キロ10分は当たり前、11分を超えることも珍しくない。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

初対面

週刊せんてんす◇Vol.776◇5/30

● 視聴覚室

そんな掲示のある一部屋に見知らぬ四十数人
が集まった。そういえば小中高といずれも一
クラスの人数が、ちょうどこれくらいだった
ことが懐かしい。ただ、各自の年齢はばらつ
いていて、お互い微妙に探り合う雰囲気はご
愛嬌ということか。

◆で、この夏には中学校の同窓会があるらしいと、
 突然のような連絡もあって、妙な符合が面白い・・・。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

まちなかの

週刊せんてんす◇Vol.775◇5/23

● じじさく

まちなかを駆け抜けたイノシシのことを心配
して、小学3年生の孫にショートメールを送
った。やばいかも!のひとことの後に、名付
けて、まちなかのイノシシじじさく!などと
ふざけた一行が付け加えられたメールが、す
ぐ爺に返ってきた。

◆子供たちは、そんな名で呼び遊んでいたのだろうか
 でもニュースでは、子イノシシと言っていたはずだが…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

古着

週刊せんてんす◇Vol.774◇5/16

● 1300円

ちょっと覗いてみていいかなと嫁さんに頼ま
れ、一緒にセカンドストリートなる店に足を
踏み入れた。僕には初体験だけど、嫁さんは
何度となく利用しているらしくて、すでにし
て目が輝いている。なるほど、何かと安くて
面白くて愉しいっ。

◆その日、嫁さんは数百円の大きな鍋を買い、
 僕はといえば、この値段ならとついジャケットを…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

ゆっくり

週刊せんてんす◇Vol.773◇5/9

● 街呑み

二十年ばかり前には、それは何度となく集ま
り呑んだ仲間たちと、ほんと久しぶりに顔を
合わせた。いつものように中ジョッキのおか
わりを重ねたところで、昔に比べてピッチが
遅くなりましたねぇと言われ、そうなのかと
我が身を振り返る。

◆今でもピッチの速さを自覚しないわけではないのに、
 その昔、僕はどんなスピードで呑んでいたのやら…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«納得