2018年12月11日 (火)

ユニクロ

週刊せんてんす◇Vol.852◇12/11

● 保温ボトル

夫婦二人あれこれ買って一万円を超えたらし
い。ユニクロ感謝祭だということで、非売品
の「ワンプッシュステンレスボトル」をもら
った。これまではマグカップ一杯のウーロン
茶を、冷めるにまかせながら小まめに飲んで
いたのだけれど、

◆近ごろ、温かいひと口ぶんをカップに注いではの、
 ちびちびとした喉うるおし事務所生活を遊んでいます。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

人感

週刊せんてんす◇Vol.851◇12/4

● センサー

日が短くなったことと、老化が進んだ夫婦の
足もとの安全を考えてのことだけど、今さら
ながらに玄関と廊下のコンセントに、人感セ
ンサー付きの自動点灯消灯ライトを取り付け
てみた。これが意外と楽しくて、廊下を行っ
たり来たりして…。

◆そう、なんか、そこに新たなペットがいるようで、
 近づくたびに、ちゃんと反応してくれるのが妙に愛らしい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

週刊せんてんす◇Vol.850◇11/27

● 冬の月

放射冷却だとかで気温が下がる云々と天気予
報が教えてくれた夜。ベッドに向かう途中で
気づいた窓からの明かりにお月さまが出てい
るのを知る。で、窓から見上げるのだけど、
え、こんなに高いところにあるんだと冬の月
をあらためて想う。

◆夏の満月の高度は低く、冬の満月の高度は高い。
 そんなことを久しぶりに考え寝つきが遅れたりして…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

親父宛て

週刊せんてんす◇Vol.849◇11/20

● DM

年の暮れが近づくといつも、死んだ親父のこ
とを思い出すきっかけが届く。そう、もう十
五年にもなるというのに、律儀に親父あてに
お歳暮商品紹介ダイレクトメールが送られて
くるのだ。生前に何度か利用したことがある
のだろうけれど…。

◆ひとこと連絡すれば、もう送られてこなくなるだろう。
 でも、いつまで届き続けるのか、そのままにしておきます。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

警策

週刊せんてんす◇Vol.848◇11/13

● 座禅堂

禅寺を見学する機会があり、座禅堂なる空間
にそっと身をあずけた。あくまで見学であり
座禅体験に行ったわけではないのだが、あの
警策によるビシッとした一発を住職にお願い
してみた。容赦のない一発を頂いた肩が数日
過ぎた今も痛いっ。

◆僕の肩が動いて打ち所が違ったからの痛みなのか、
  それとも我が煩悩が目を覚ました痛みなのか、はてっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

七時半

週刊せんてんす◇Vol.847◇11/6

● 朝食時間

これまでもずっと嫁さんの出勤時間からの逆
算で決められてきた。この春までは七時だっ
たのが近頃は七時半。二度目の定年を迎えて
なお、また新たな職場を見つけたからのこと
なのだけど、さて来春もまた時間変更を強い
られるのだろうか。

◆ちなみにNHKのBSで連続ドラマ「まんぷく」を、
  夫婦ふたりで観ながらのなんとも平和な朝食時間ではある。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

あれから

週刊せんてんす◇Vol.846◇10/30

● 十年

そう言われて思い出すものといったら、もち
ろん人それぞれだろうけれど、僕の場合はや
はりリーマン・ショックになるのだろうか。
大学時代の後半一年半ばかり働いた證券会社
での、黒板への値書き仕事を妙に思い出した
のもあの年でした。

◆さて41歳の新人としての歩みはあれから何年…、
 この11月3日は、我がセンテンスの創立記念日です。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

一株の

週刊せんてんす◇Vol.845◇10/23

● ビオラ

我が玄関まわりのプランタには、いつの頃か
らか多年草のマツバギクが、好き放題に足を
伸ばすようになった。手間がかからないので
僕としてもそれを許してはいるのだが、この
冬の彩りとしてわずかな隙間に一株のビオラ
を滑り込ませた。

◆ホームセンターの園芸コーナーで手にした84円の一株。
  レジで聞くと一株だけ買うお客さんも少なくないとのこと(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ビリヤード