2019年5月21日 (火)

おもじ

 

週刊せんてんす◇Vol.874◇5/21

 

● 汚文字

 

なんかいい感じだよと、嫁さんに勧められ読
んだ、小川糸さんの『ツバキ文具店』。汚文
字の話題があり、「どうしたって上手に字が
書けない人も存在する。字が汚いから心も穢
れていると考えるのは、あまりにも暴力的す
ぎる。」とあった。

 

◆そう、その昔にはペン習字を習ったりもしたけれど、
図形認識に欠陥があるのか、今も汚文字には自信がある。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

 

| | コメント (2)

2019年5月14日 (火)

障子

 

週刊せんてんす◇Vol.873◇5/14

 

● 貼り替え

 

障子紙を貼り替えた。僕ではなく、嫁さんの
手仕事なのだが、アイロンを当てるタイプの
障子紙を買ってきての初体験。これまで何度
となく糊と刷毛に苦労させられた事を振り返
り、もっと早くこっちにすればよかったんだ
わとどこか満足気。

 

◆で、とくには何を手伝ったわけでもない僕だけど、
あとで霧を吹いては翌朝のピンとした仕上がりに満足気。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

行列

週刊せんてんす◇Vol.872◇5/7

 

● 目撃

 

21世紀美術館で入場チケットを買う人の列
の長さに呆れながら横目で眺め通り過ぎた。
それよりはうんと短いのだけれど、同じよう
に呆れさせられる順番待ちに近江町市場のあ
ちこちで遭遇。賑わいを少し外れると閑散と
しているのだけど。

 

◆で、駄美術展では、ちゃんと列に並んだしばし後に、
その作品って永遠に見られないことに気づかされたりして。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

 

| | コメント (2)

2019年4月30日 (火)

上唇に

 

週刊せんてんす◇Vol.871◇4/30

 

● 熱の花

 

口唇ヘルペスの治りがけ状態で、時代の変わ
り目を迎えることになった。子供の頃からの
とても長い付き合いで、以前は季節の変わり
目ごとに、そう年に2度も3度も煩わされて
いたものだけど、今回は数年ぶりだろうか、
久しぶりではある。

 

◆とにかく触らず、気にせず、刺激しないこと、
さ、じっと治るにまかせる自然体で令和を迎えよう。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

 

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

もうすぐ

週刊せんてんす◇Vol.870◇4/23

 

● 10連休

 

今週末から始まるようだ。とくに遠出する予
定も何もないけれど、すでに5日間は何気に
予定が入っている。さて、あとの5日間の過
ごし方だけど、そんなもの天気次第、気分次
第。希望で言えば、何もしないことをするこ
となんだけどなぁ。

 

◆以前から、ときに目標にしてはいるのだが、
何もしないことをするって凡人には意外と難しい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

 

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

残り具合

 

週刊せんてんす◇Vol.869◇4/16

 

● 灯油

 

例年の今頃はといえば、ファンヒーターの灯
油の残り具合を気にしつつ、できればちょう
ど使い切りたいものだと、何かとやきもきし
ていた貧乏性だけど、エアコン暖房のみで乗
り切った今シーズンは、そんな悩みから解放
されて、やれやれ。

 

◆電気代を心配したけれど灯油とほぼ変わらず、
灯油を買う手間が省けた分だけシニアにはやさしい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

 

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

おらが

 週刊せんてんす◇Vol.8684/9

 

  •  春

 

新たな元号が決まったということで、何気に

想いがひろがったのだろう。高校三年の四月

から数えてちょうど半世紀になることに気づ

いたりして。もう一つ、ゴルフを始めてから

これまたちょうど四十年という節目を迎えた

おらが春ではある。

 

◆ゴルフ歴が長くなればなるほどに下手になる、

というか当初から下手だったんだろうな、やはり。

 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

週刊せんてんす◇Vol.867◇4/2

 

● あらた

 

なにかと新たで、それなりに騒々しくて、ど
のくらいの関わりをもてばいいのか、はてさ
て。3年3組のお花見同窓会があり、たぶん
十数年ぶりになるだろうと思われる懐かしの
ゴルフコースへのお出かけがあり、我が平凡
に変わりようなし。

 

◆ただ、試験を乗り越えた我が嫁さんはといえば、
非常勤での職を得て「変化」を歩み出している。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0)

«いま春がきて♪