2017年12月12日 (火)

読書の冬

週刊せんてんす◇Vol.804◇12/12

● 蜜蜂と遠雷

「直木賞と本屋大賞、史上初のダブル受賞」
と、腰巻きにある一冊を遅ればせながら読ん
だ。読み始めは二段組みのボリュームに抵抗
があったのだけど、そんなもの数ページで気
にならなくなり、逆に残りページが減ってい
くのが哀しくて…。

◆恩田陸さん面白いよと薦めてくれた嫁さんに感謝。
 「ユージニア」「中庭の出来事」も読んでみようと思う。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

ハズレ

週刊せんてんす◇Vol.803◇12/5

● 三角クジ

スーパーの買い物3千円分で一度引ける三角
クジ。しばし歳末気分を楽しませてはくれた
けれど、結果はやっぱりハズレ。残念賞のポ
ケットティシュには「水に流せるティシュ」
とあり、この一年の水に流すあれこれがふと
何気に思い浮かぶ。

◆ちなみに嫁さんと孫が引いた三角クジは3等の当たり。
 「袋になったラップ」をもらってそれはもう自慢顔…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

新兵器

週刊せんてんす◇Vol.802◇11/28

● エアコンプレッサー

タイヤ交換を済ませた。さらに今シーズンは
新兵器を購入し、空気圧調整も併せて完了。
ようは2千円ばかりの空気入れを買ったとい
うことなのだが、自動車のアクセサリーソケ
ットにつないでのコンプレッサーの頑張りは
それなりに偉いっ。

◆なんとも騒々しい音を出しながらのガンバリに、
 ちょっと感心しながらも壊れたりするなよと励ました。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

季節の変わり目

週刊せんてんす◇Vol.801◇11/21

● 熱の花

四泊五日の旅の途中、唇のまわりが妙にむず
むずする、あの違和感がやってきた。昔は季
節の変わり目には必ずと言っていいほど発症
していたのだけど、ほんと久しぶりの今回の
熱の花は何年ぶりだろう。不快ななかにも妙
な懐かしさがある。

◆治癒に向けては、とにかくそっとしておくのが自分流。
 いまは瘡蓋ができてきて、もうすぐサヨナラできそうです。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

BMI 24.5

週刊せんてんす◇Vol.800◇11/14

● メタボぎみ

遠い昔に大阪で一年ばかり働いた会社の同期
の友が、夫婦でのドライブ途中に我家を家庭
訪問してくれた。久しぶりに会った彼が、ま
ず手を伸ばしてきたのは我が腹まわり。人の
ことは言えないだろと互いを笑いながらも近
ごろの食欲を反省。

◆昔のジーンズなど穿けるものではないと諦めて以来、
 メタボ路線をまっしぐらで、これはいけない、いけない。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

大桑層

週刊せんてんす◇Vol.799◇11/7

● (おんまかいがらばし)

金沢マラソンへの参加などとんでもない超ス
ローなジョガーとしては、文化の日の快晴に
誘われいつもの犀川べりを紅葉狩りジョグ。
少しばかり足を延ばして御影大橋から大桑貝
殻橋までの折り返し。約12キロにかかった
のは2時間24分。

◆化石採集遠足で出かけたのは小学生のころか。
 大桑層の貝殻をひたすらほじくっていた昔が懐かしい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

年に一度の

週刊せんてんす◇Vol.798◇10/31

● 特定健康診査

いつものように、まず身長と体重を測る。ほ
ぼ変わりようのない180センチには心穏や
かだったけれど、80キロという大台乗せが
許せずに、ポケットの中の財布や小銭を出し
ては、もう一度お願いしますとわがままを言
っての無駄あがき。

◆係りの人からは、体重計の数字を見るように言われ、
 衣服の分は1キロばかり引いておきますからとの一言。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

一枚の葉書

週刊せんてんす◇Vol.797◇10/24

● しみじみ

ご挨拶として届いた一枚の葉書。近況に続け
て、これからは隠遁生活の身なので年末年始
のご挨拶を遠慮させて頂きますことお許し願
いたいとあり、そんな文面を何度となく噛み
しめた。何年もお会いしていなくて若い顔し
か思い浮かばない。

◆こんな挨拶が突然のように舞い込んだことで、
 あらためて我が年ごろをしみじみと思うこの頃…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«まず足もとから