« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月30日 (火)

ある戦友・・・

週刊せんてんす◇Vol.171◇8/30

● 新しい御影大橋が通れるようになった。いいんだ、僕。

車道部分が長さ約百九メートル、幅十三メー
トル。上下計四車線で、北陸初の片側アーチ
を採用。上流側の歩道は、せり出すように架
かり、眺望を楽しむ歩行者に配慮したのだと
言う。だが、我が下流側の歩道の開通は、ま
だ先のことらしい。

◆生まれた年が同じで親近感を持っていたけれど、キミは、キミは、新しく生まれ変わったんだ、ね。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

業界人って・・・

週刊せんてんす◇Vol.170◇8/23

● 頂いた名刺の裏に「所属アーティスト」とあった。

知っている名前を五十音順に追ってみた。大
江千里、岡田菜奈、奥田民生、CHEMIS
TRY、国生さゆり、東京スカパラダイスオ
ーケストラ、徳光和夫、Puffy、渡辺真
知子、渡辺満里奈。僕の知らない名前が、ま
だまだ並んでいる。

◆これだけのことで、どこの事務所だってことが分かったりする、
 そんな、いわゆる業界人ってのも、いるんだろなっ、やっぱり!!
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

ただ懐かしかった・・・

週刊せんてんす◇Vol.169◇8/16

● 「土の中の子供」を読んだ。

お盆休みの手遊び用に買っておいた、芥川賞
発表・受賞作全文掲載の文藝春秋。骨格のあ
る力作、人間の暗部なる芯、低調!!、選評、
感想、穴の深さ、他者について、ならばこの
先にも。そんなタイトルの選評も、いつもの
ように載っていた。

◆なんだろう、どうしてだろう、なんかとっても懐かしかった。
 っていうのが、僕の読後感って、ことにしておこうかなっ!?
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

くる、こない、くる・・・

週刊せんてんす◇Vol.168◇8/9

● くる、こない、くる、こない、くる、こない、

年甲斐もない占いごとのための、純な花びら
など身近にないけれど。これまでにも、ごく
普通の呑み会企画としては何度かあった同窓
会を、初めて温泉での泊まり込みイベントと
した我らが幹事団の思惑をふと思いながら、
遠いあの子を思う。

◆くる、こない、くる、こない、くる、こない・・・。う~む、真夏の花占いってヤツには、どんな花がいいんだろう?
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

理科少年だった・・・

週刊せんてんす◇Vol.167◇8/2

● 人体の不思議展を、凝視してきた。

からだ=未知なる小宇宙。そんなショルダー
を読まされるまでもないんだけど、怖いもの
見たさもあって会場の金沢21世紀美術館へ
出かけた。なぜか性器部分にばかり視線が向
かう自分をどこか誤魔化しながらも、気分は
少年時代だった。

◆その昔、理科や美術の教科書、そして百科辞典など・・・。いずれのページにも探しに探したのは、そう、アレ!ではあった。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »