« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

22個の胸騒ぎ・・・

週刊せんてんす◇Vol.193◇1/31

● フェブラリーステークスまで、あと・・・。

今年は1レース増えて、いわゆるG1なる胸
騒ぎが、全部で22レースあるらしい。いそ
いそと22000円を口座に入れてきた。そ
う、1レース千円。なんとささやかな胸騒ぎ
資金であることよ。で、また、有馬の後には
残高0なのかな。

◆さ、あすから如月。G1の初戦は、フェブラリーから・・・。
 手帳にレース予定を写したら、あっというまに一年が終わったっ!
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & RanSta
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

つながりっぱなしであるということは・・・

週刊せんてんす◇Vol.192◇1/24

● オンザエッジの設立が1996年なのだとか・・・。

まだワープロ専用機を使っていた僕が、なん
か新聞記事の検索ができるとかで、ワープロ
通信みたいなことを始めたのが、たしか94
年のことだったと思う。翌年あたりには、パ
ソコン通信へと移行したけれど、その後、大
きな変化はない。

◆いまも根っこのところにあるのは、
 課金を気にしながらネットにつなげていたあの頃かっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & RanSta
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

風に化ける、かっ・・・

週刊せんてんす◇Vol.191◇1/17

● あの日の朝のことって思い出すたびに・・・。

金沢でも揺れた。大きかったよね。震源はど
こなんだろう。そんな会話を寝ぼけ眼で交わ
しながら、もう一度寝なおしたりして。起き
たあと、テレビの朝のニュースに目をとめな
がらも、まだ、その出来事の大きさを知らず
にいたんだよね。

◆あの朝のニュース。マスコミが次々に伝える数字、
 その被害者の数が際限なく増えていくのがほんと怖かった。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & RanSta
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

ばっかりじゃ駄目だよね・・・

週刊せんてんす◇Vol.190◇1/10

● 水があふれてるコップに新しい水は入らない。

ケータイをボイスメモに使うようになって、
それはやはりバッテリー切れが増えた。で、
その昔に心していたことなどふと思い出し、
そう、空きというか余裕をつくっておかない
と次の何かは、入ってこようがないのだと思
うのだが、さて。

◆昨日は成人の日。心を新たに何かをプラスするのもいいけど、
 何かをマイナスすることも大切にね。たぶん。きっと。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & RanSta
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

どうよ、どうなんだろっ・・・

週刊せんてんす◇Vol.189◇1/3

● 金沢駅まで出かけて今年も新聞のまとめ買い!

そんな元旦の事始を続けて、もう何年になる
んだろう。数百円を渡して手にする重さに、
なんらかの一年の始まりを感じ取りたいとは
思うのだが、ホンダと資生堂がなんとも目に
付いて、例年なら目立つ出版関係の広告が少
なかった。さて。

◆なんかドラマチックな事柄の幾つかを年賀状で知り・・・。
 新しい一年のお付き合いをひたすら願う僕ではあります。m(_ _)m
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & RanSta
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »