« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月28日 (火)

あっちがわと、こっちがわと・・・

週刊せんてんす◇Vol.201◇3/28

● 世界政府っていうものが仮にあるとして、

そこで開発しなければならないはずのシステ
ムは全部グーグルで作ろう。それがグーグル
開発陣のミッションなんだよね。こういう姿
になりたいという意志をインターネット自身
が持っている。ウェブ上での民主主義。不特
定多数無限大の。

◆梅田望夫著「ウェブ進化論」にあったフレーズのほんの一部です。
 メルマガやブログに向き合う自分がどんどん小さくなった・・・。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

自分自身にパラレルか・・・

週刊せんてんす◇Vol.200◇3/21

● 春分なるパラレルな日に200号とは目出度い。

かどうかは分からないけれど。裏表とか左脳
右脳とか、上流下流とか昼の長さと夜の長さ
とか、対で並べられ語られるものには、いつ
も妙にそそられてきたように思う。けっして
男女という対のことは念頭にない。パラレル
じゃないもんね。

◆200号の感慨は、メルマガ発行サイトのひとつマッキーが、
 ランスタへ、さらにメルマへと移ろいでしまったことか。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

今朝は雪だけど・・・

週刊せんてんす◇Vol.199◇3/14

● 妙な本を、なりゆきとはいえ、興味深く読んだ。

「お葬式」の日本史。新谷尚紀監修・青春出
版社発行。まずは、縄文時代の屈葬あたりか
ら語り始められる。その埋葬の形は、死者の
蘇りを恐れたからなのか、それとも膝を折り
曲げた胎児の姿勢をとらせることで、逆に蘇
りを願ったのか?

◆そんな妙な思いに囚われがちなのは、
 そう、そろそろ満開の桜の季節が近いからなんだっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

あえてズレる・・・

週刊せんてんす◇Vol.198◇3/7

● ここまでズレてしまえば逆にいさぎいいじゃないか。

などと、なにを開き直っているかと言えば、
先週の小さな旅のことではある。リニモに乗
った。愛知万博の跡地を目にした。寒々とし
た工事風景が細々とあった。なんかシャクな
のでリニモを途中下車し、トヨタ博物館を覗
いてきたけれど。

◆妙に大阪万博がなつかしく思い出されるのは、
 世に不可思議な昭和レトロの風が吹いているからなのか。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/about.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »