« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

今年も、やがて逝く・・・

週刊せんてんす◇Vol.240◇12/26

● もうひとりのわたし 著/岸田今日子

夢のなかに息づく官能の小悪魔たち/と腰巻きにある、そんな一冊がなぜか手元にあります。どんな小説だったのか、ほぼ覚えていないんだけど、今日子さんもまた、いつの日かもうひとりのわたしになって、どこかに現れたりするのかなっ?

◆この一年ありがとうございました。もうひとつのあたらしい一年もまた始まります。 

Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき ・thanks / Powered by Mag2 & melma! ・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ケータイ付きボイスレコーダー・・・

週刊せんてんす◇Vol.239◇12/19

● 初めて使いました。ケータイの予備バッテリー!

僕の場合、通話だけなら電池残量など気になるはずもないのだけど、近ごろケータイをボイスレコーダーとして使ってる時間の方が長くてバッテリーを酷使しがち。で、ビジネスバッグに予備の電池パックを入れて持ち歩きはじめたりして。

◆ピピピッ!とバッテリー切れの合図があったとき、妙にうれしくて、さっそく電池交換したりしました。(^o^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

そんな歌詞もあるんだろうなぁ・・・

週刊せんてんす◇Vol.238◇12/12

● テレビの歌番組って、ほんと観なくなりました。

10日の編集手帳に「感情を込めず、はっきりとした日本語で楽譜どおりに歌う。それぞれの人生と重ね合わせ、それぞれの思いで聴くことができるから、そのような歌い方がかえって聴く人を感動させる」云々というフレーズを見つけた。

◆ひょっとして、これってもっと深い意味があるの鴨?などと考えたのも、はい、ほんの一瞬のことです。はいっ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

それはそれでいいのかな・・・

週刊せんてんす◇Vol.237◇12/5

● 訃報に接し、ふと思い出しては、忘れ去る。

そんな記事を知るまではすっかり忘れていたはずなのに。例えば木下順二さん。人の世の動きを天体の永久に変わることのない運行から眺めることの意味、それと人間の営みである歴史というものの関わりを考えてみたかった。そうなんだ。

◆しばらく忘れていてごめんなさい。いま思い出して、また忘れてしまうんだと思います。m(_ _)m
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »