« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月29日 (火)

年末の大掃除ねぇ~

週刊せんてんす◇Vol.396◇12/29

● 年末の大掃除を

する気に、まったくならないのはどうしてなんだろう。寒くてイヤなんだもんと天候のせい、腰に悪いからと年齢のせい、たいして汚れてもないからと不景気のせい、すぐに来年になるんだからとカレンダーのせい、ようはどんどんどんどん、

◆ものぐさになってってるだけのような気もするけれど、それもいいんじゃないかと、皆さんよいお年をお迎え下さい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

年齢早見表・・・

週刊せんてんす◇Vol.395◇12/22

年齢早見表

来年の手帳。あれこれ手に取りながら、結局は代わり映えのしない、なんとなく使い慣れてるはずだと、そんな気がしているのを買った。で、たいていの手帳の巻末に付されている年齢早見表などに、いつもになく目がとまって、妙に納得。

◆当然ながら、明治、大正、昭和、平成とあるわけだけど、明治の欄が39年からで、なるほど毎年削られているんだ、と。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

翼の王国

週刊せんてんす◇Vol.394◇12/15

● 〔表紙の画家からのメッセージ〕(148p)

ご自由にお持ち帰りください。飛行機に乗ったわけではないんだけど、なぜか手元にある翼の王国12月号など、旅気分で眺めているとステキな一文に出会い、ひととき思いが遠く縄文の時代にまで飛んだ。「縄文人は我々とはまったく違う、

◆力強い生活をしていた。」と始まり、「流れ星が何かのお告げ、つまりコマーシャルだったわけだ。」と終えている一文なのだが・・・。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

小箱に入れたミジンコ

週刊せんてんす◇Vol.393◇12/8

● □とか△とか○とかの小箱に入れたミジンコの、

その動き方を調べて、夏休みの一人一研究にしようとしたことを思い出したのは、あの坂田明さんがらみの話題で、一生が約一週間でその間に何度も出産を繰り返すというオカメミジンコのことなど、妹尾河童さんの文に見つけたからです。

◆結局は何のデータも集めきれずに断念した研究だったけれど、妙に覚えているのは、やはり、ミジンコの魅力ゆえだろうか。(^_-)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

とんとんとんしわすがとをたたく

週刊せんてんす◇Vol.392◇12/1

● 十二月を始めるとしよう。

あたたかき十二月なりひまにも馴れ/と富安風生。ぬかるみに硬貨落とせり十二月/は伊丹公子。火の色やけふにはじまる十二月/は日野草城。ふるさとの砂丘にあそぶ十二月/は岩城佳州。好色の書をふところに十二月/とは吉田龍平なり。

◆あれこれ「十二月」を季語とした句を眺めつつ、さ、僕もまた、スローな十二月を始めるとしませう。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!
・登録or解除の入り口 / http://sentence.cocolog-nifty.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »