« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

他にもあるのか、我が常識知らず。

週刊せんてんす◇Vol.596◇11/26

● タイヤを交換した。

ボルトを締めるとき、これまではずっとレンチを引き上げていたのだけど、体重をかけて押し下げれば腰に負担がかからないことに、遅ればせながら気づいたお蔭で、今回は腰にシップを貼るようなことにはならなかった。気づくのが遅い!

◆と、自分を責めもしたけれど、そのやり方を発見した自分を褒める自分もいて。(^_^)
Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

物理的時間

週刊せんてんす◇Vol.595◇11/19

● 師走が近くなって

めぐる一年の速さを、またまた感じているうちに、これって気のせいなのではなく、年齢とともに体内時計が速く進むよう、我がDNAにプログラムされているのだと考えたほうが納得できそうだ。光の速さは一定だけど時間の速さは変わる

◆と、アインシュタインも言ってるようだけど、なんど読んでも、やはりよくわからない。はてさて。
Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

ふたりがよにんになって。

週刊せんてんす◇Vol.594◇11/12

● ふたりがよにんになって。

長男夫婦ともにお出かけということで、孫ふたりがお泊りすることになった週末。我が家の人数が二倍になって、嫁さんが悩んだのが朝食のボリューム。炒り卵を挟んだロールパンが八個もあれば足りるだろうとの算段はとんでもなかった。

◆子育てから遠く離れて、もう昔のことは忘れてしまったと、つぶやきながら、あと六個ばかりパンを追加する嫁さんでした。(^_^)
Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

花はさかりに、

週刊せんてんす◇Vol.593◇11/5

● 花はさかりに、

月はくまなきをのみ見るものかは。雨に向かひて月を恋ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあわれになさけ深し。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。など、徒然草の一文を呟いてみたりする記念日なり。

◆11月3日は、我が「センテンス」の設立記念日でした。おかげさまでの想いを噛みしめながら、さて22年目も歩みます。m(__)m
Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »