« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

断捨離。

週刊せんてんす◇Vol.617◇4/29
断捨離。
ドライバーも、アイアンの4番とか5番も捨ててみる、というのはどうだろう。使わないクラブをバッグに入れておいても、ただただ重たいだけなわけで。正確に言えば、使えないクラブなのだけど、そんな断捨離ゴルフもいいかもしれない。
◆クリークに、6から9番、ピッチングとサンドとパター。シングル(クラブ)プレーヤーだと言い張ってみたりして…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき
・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

実感。

週刊せんてんす◇Vol.616◇4/22

● 実感。

四月も末になり暖かくなったのは言うまでもないのだけど、ヤカン一杯の水が歯を磨き終える前に沸騰するようになって、それは水ぬるむを納得させられたりする。起床後の我がルーティーンは、まずヤカンをコンロにかけることから始まり、

◆トイレ、洗顔、そして歯磨きへと進むことになるのだが、沸騰を知らせる気配に、なんとも慌ただしいこの頃の朝ではある。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

競馬。

週刊せんてんす◇Vol.615◇4/15

● 競馬。

桜花賞があり、この週末には皐月賞が待っている。詳しくもない競馬が気になるのは、ニューヨークまで馬券を買いに行ったり、取材帰りに立ち寄った金沢競馬で絶叫したりと、そんなディレクターたちに仕事のあれこれを学んだからである。

◆今の自分がいること、あることの不思議を想うとき、感謝とともに顔を浮かべるのだけど。にしても勝てないなぁ。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

記憶。

週刊せんてんす◇Vol.614◇4/8

● 記憶。

歳をまたひとつ重ねる花見どきを迎えたからか、古井由吉さんの「もう半分だけ」という一文に見つけた言葉が、妙に愛しくてならない。記憶は年を取るにつれて末端から枯れて行くが、根もとのあたりからふくらみ返して来もする。とあり、

◆それ自体が生き物であり、と続けられている。にしても、我が生来の記憶力のなさはどうしたものか。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

コモサラ経由サイエンスヒルズ

週刊せんてんす◇Vol.613◇4/1

● 施設めぐり

まずは石川県埋蔵文化財センターへ出かけての勾玉づくり。前回より大きくて色のついた石に挑戦したあと、吉野家での牛丼タイムを経由して、サイエンスヒルズこまつへ。帰りは海岸沿いの道を選んで、徳光パーキングで砂浜遊びなどする。

◆ちなみに、近ごろ僕の吉野家での定番メニューは、コモサラ(生野菜)セットだったりします。(^_^)
Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »