« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月27日 (火)

飛騨

週刊せんてんす◇Vol.743◇9/27

● 大鍾乳洞

町会のバス旅行に夫婦で参加した。初めての
鍾乳洞でご近所さんに撮ってもらったツーシ
ョット。家に戻ってから嫁さんのスマホにも
転送したのだけど、その写真を見てのひと言
が、お互い老けたわねだった。何の間違いも
ない感想ではある。

◆老けて写るのは我がスマホのせいではないが、
 そろそろ買い替えたいキモチがもぞもぞ…。(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

汗ッ

週刊せんてんす◇Vol.742◇9/20

● 風船割り競争

校下の町会が集まるいつもの運動会。雨天の
ため体育館での開催となり、大幅に競技種目
が減らされるなか、これまでは参加が女性に
限られていた風船割り競争に男性も参加でき
るとのことで挑戦。焦るばかりで、膨らみが
不十分で割れない。

◆等外の賞品ティシュひと箱を手に席に戻ると、
 まず風船を伸ばすのだとかアドバイスが続々。(^_^)
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

ゆく夏

週刊せんてんす◇Vol.741◇9/13

● 半世紀

カブトムシを育て、卵から幼虫、蛹へと変態
を見守り、翌年に新たな成虫を得る。その昔
々の昆虫少年の夢が、半世紀を隔てようやく
叶いそうだ。飼育箱に2センチばかりもの幼
虫を発見。もうこんなに大きくなっているん
だと驚くばかり。

◆それは嬉しいのだがすでに死んだメスを探してか、
 どこか寂しげなオスを眺めるのはちと複雑ではある。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

あっ、

週刊せんてんす◇Vol.740◇9/6

● 虹

先週のこと、それ雨が上がったぞといつもの
川べりを走り始めた夕暮れジョグの途中、眩
しいばかりの西日を浴びたまま、頭上の雲か
らまともに落ちてきた雨に濡れた。背中から
の光が雨つぶを煌めかせ、やがて大きな虹を
目にしてあくせく。

◆そう、スマホを取り出し慌てて撮ったのだけど、
 やはり虹は肉眼で見るものだと、また思わされて…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »