« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月28日 (火)

いつもの

週刊せんてんす◇Vol.767◇3/28

● 春の憂い

まったくもって毎年のことなのだけど、春に
憂うというか、気をもむというか、そんな日
々が続いています。そう、他でもない、灯油
をちゃんと使い切れるだろうか、いや逆に買
い足さなければいけなくなったら嫌だなと、
憂いの日々は続く。

◆それなりに冷暗所で保存すれば来シーズンもまた
  使えはするようなのだが、今年の首尾は如何に。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

週刊せんてんす◇Vol.766◇3/21

● HAL

春だ。春が来た。ということで、ちょっとハ
ルへの一歩を踏み出してみた。アイビーエム
の一文字前を並べたネーミングだということ
に、今ではなっているけれど、当初は原作者
が否定していたのだとか。さて願うのは、ハ
ルのその先の飛躍。

◆ひとり密かになんとも先行き不確かなる、
  ささやかな夢を描き見るのも春なればこそか。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

あの時

週刊せんてんす◇Vol.765◇3/14

● あの日から

6年だと言われてもまだ6年しか経っていな
いのかと思い、あの年から半世紀だと数えて
もやはりまだ半世紀しか過ぎていないのかと
立ち止まる。いや、同じ年月を言われたとし
て、もう6年、もう半世紀と感じることもあ
るのだとは思う。

◆あの日からちょうど一か月があり、一週間があり、
  さて、どちらもゆっくり腰を上げるしかないのかと…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

春の

週刊せんてんす◇Vol.764◇3/7

● 窓

南側に接していた隣家が取り壊され、駐車場
になっての初めての春。我が家では日陰の身
だったバス、トイレ、洗面所が、それはもう
お日様にさらされる、さらされる。シャワー
カーテンの設置で、まずバスルームの眩しさ
は解決したのだが。

◆内開きのトイレと洗面所の窓に関しては、
 ちょっと対処が難しそうで思案中…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »