« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月30日 (火)

初対面

週刊せんてんす◇Vol.776◇5/30

● 視聴覚室

そんな掲示のある一部屋に見知らぬ四十数人
が集まった。そういえば小中高といずれも一
クラスの人数が、ちょうどこれくらいだった
ことが懐かしい。ただ、各自の年齢はばらつ
いていて、お互い微妙に探り合う雰囲気はご
愛嬌ということか。

◆で、この夏には中学校の同窓会があるらしいと、
 突然のような連絡もあって、妙な符合が面白い・・・。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

まちなかの

週刊せんてんす◇Vol.775◇5/23

● じじさく

まちなかを駆け抜けたイノシシのことを心配
して、小学3年生の孫にショートメールを送
った。やばいかも!のひとことの後に、名付
けて、まちなかのイノシシじじさく!などと
ふざけた一行が付け加えられたメールが、す
ぐ爺に返ってきた。

◆子供たちは、そんな名で呼び遊んでいたのだろうか
 でもニュースでは、子イノシシと言っていたはずだが…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

古着

週刊せんてんす◇Vol.774◇5/16

● 1300円

ちょっと覗いてみていいかなと嫁さんに頼ま
れ、一緒にセカンドストリートなる店に足を
踏み入れた。僕には初体験だけど、嫁さんは
何度となく利用しているらしくて、すでにし
て目が輝いている。なるほど、何かと安くて
面白くて愉しいっ。

◆その日、嫁さんは数百円の大きな鍋を買い、
 僕はといえば、この値段ならとついジャケットを…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

ゆっくり

週刊せんてんす◇Vol.773◇5/9

● 街呑み

二十年ばかり前には、それは何度となく集ま
り呑んだ仲間たちと、ほんと久しぶりに顔を
合わせた。いつものように中ジョッキのおか
わりを重ねたところで、昔に比べてピッチが
遅くなりましたねぇと言われ、そうなのかと
我が身を振り返る。

◆今でもピッチの速さを自覚しないわけではないのに、
 その昔、僕はどんなスピードで呑んでいたのやら…。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

納得

週刊せんてんす◇Vol.772◇5/2

● 廃品回収

新聞や段ボールなどの回収場所として、我が
家の駐車場が使われることになった。町内の
人たちが持ち寄る月に一度のことだけど、雨
が降ったらどうするんだろうと心配する。で
も濡れても全くかまわないのだと回収の方の
説明に大いに納得。

◆チリ紙交換の軽トラにホロなんか付いてないでしょ。
 雨に濡れてもぜんぜん大丈夫ですからよろしくとのこと。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »