« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月22日 (火)

天敵

週刊せんてんす◇Vol.826◇5/22

● 錦織対ジョコビッチ戦

土曜日の未明、足がつり、目覚める。スマホ
で途中経過をチェックすると、3セットに入
り3ゲーム3とあった。これは観なければと
テレビの前へ急ぐ。囲碁では山下九段が対井
山本因坊戦で連敗を止めたのを観たこともあ
り期待したのだが。

◆足がつったおかげでのライブ映像に感謝しつつも、
  悔しい12連敗を噛みしめながら二度寝した。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

週刊せんてんす◇Vol.825◇5/15

● ツバメ調査

出かけようとした玄関先で、数人の小学生グ
ループに声をかけられた。このあたりにツバ
メの巣がある家はありませんか。ここしばら
くは意識したこともない質問を受け、そうい
えばあまり目にしなくなったことに気づかさ
れ空を見上げる。

◆むかし駐車場で巣作りを始めたこともあったけれど、
  途中でポトンと落ちてしまってからは再挑戦を見ない。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

我 流

週刊せんてんす◇Vol.824◇5/8

● 同窓会ゴルフ

年二回のコンペを続けて六十二回。スタート
ホールでは世話人がティショットを映してく
れる。編集動画がアップされるのを心待ちに
し、自分のスイングをじっくりチェックする
のをいつも楽しみにしている。悪いところが
それはよくわかる。

◆にしてもみんながみんな違うスイングをしていて、
 なんとも不思議なスポーツだとあらためて思う。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

松岡正剛

週刊せんてんす◇Vol.823◇5/1

● 千夜千冊

第一巻/遠くからとどく声、第二巻/猫と量
子が見ている、この2冊が手元にある。図書
館で借りる際にも、ほんとぶ厚くて重い本で
すねと軽口がこぼれた。読む本にあれこれ迷
うのはやめて、しばらくはこの千夜千冊に付
き合おうと思う。

◆第七巻までいつになったら辿りつけるのか、
 飽きたり心変わりしたりしないか自信は全くない。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »