« 「冬の紳士」 | トップページ | 有料ごみ »

2018年9月25日 (火)

おつきさま

週刊せんてんす◇Vol.841◇9/25

● 「ある夕方、

お月様がポケットの中へ自分を入れて歩いて
いた」 稲垣足穂の「一千一秒物語」にある
という、この一節もまた教えられた。たぶん
僕が知らなかっただけの有名なフレーズなん
だろうけれど、いま妙に沁みるのは月の季節
だからでしょうか。

◆その夕方、ポケットの中に自分を入れたお月様は、
  いったいどこへ向かって歩いていたのでしょうね。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

|

« 「冬の紳士」 | トップページ | 有料ごみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100082/67205483

この記事へのトラックバック一覧です: おつきさま:

« 「冬の紳士」 | トップページ | 有料ごみ »