« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月29日 (火)

ライブ

週刊せんてんす◇Vol.858◇1/29

● 副音声

テニスの全豪オープン中継。決勝戦にいたる
まで、それはもう何度も楽しませてもらった
先週。ただ先週末には副音声での楽しみ方を
知った。そう、アナウンスや解説を消し、ア
リーナで観戦している雰囲気に少しだけ近づ
いてのひととき。

◆とはいえ、ときに音声切換ボタンのお世話になり、
 日本語をもまた確認しながらのテレビ観戦ではあります。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

この町なかで

週刊せんてんす◇Vol.857◇1/22

● 町なか過疎地

我らが町会からちょっと頑張れば歩いて行け
る距離、駅前のホテルレストランに二十数名
が集まっての新年会。もちろん自分も含めて
のことだけど、今さらながらに高齢化を目の
当たりにさせられ、町内会の自然消滅もそう
遠くないことが、

◆酒の肴になってのひとときではありました。
 この町なか過疎地で、この一年も暮らすとします。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

松岡正剛

週刊せんてんす◇Vol.856◇1/15

● 千夜千冊 第1巻

昨年4月から読み始め、図書館での返却貸出
を何度となく繰り返した第1巻「遠くから届
く声」を、先週末でようやく読み終えた。で
第2巻「猫と量子が見ている」が手元にはあ
る。今年のうちには第3巻へとたどり着きた
いものだが、さて。

◆各巻ともに6センチを超える厚さがありそれは重い。
 で、これが7巻まであり、さらに特別巻もあるらしい。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

日経

週刊せんてんす◇Vol.855◇1/8

● 1月4日の「春秋」より

桂枝雀さんに理想の高座について尋ねると、
使う言葉をだんだん少なくしていって、最後
はただ座っているだけ。黙ってニコニコして
いると、なにやらお客さんも楽しくなってき
てニコニコする。そこにいるだけでいい、て
なことですかねぇ。

◆そんなふうな言葉が返ってきたのだとあった。
 そうか、108字でもまだ言葉が多いのかもしれない。
 Sentence / Miyakoshi Masao @ たくゆき

・thanks / Powered by Mag2 & melma!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »