« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月31日 (火)

辰巳用水探訪会

週刊センテンス ◇Vol.1106◇10/31

 

  • 灯明

 

辰巳用水探訪会なんてものがあり、その見学者たちのために、隧道内に灯明を灯すなどというボランティアに参加させてもらった。数年前にもエントリーし、持っていなかった長靴を買い心待ちにしていたのだが、天候不良のため中止。そのリベンジを果たしたということで、よしよし。

 

隧道壁面の小穴にカワラケを置き、油を注ぎ、火を付ける。

昔の過酷な作業に思いを寄せる雰囲気づくりは上々なり。(^o^)

 

Sentence / Miyaoshi Masao @たくゆき

 

| | コメント (0)

2023年10月24日 (火)

釣り竿袋

週刊センテンス ◇Vol.1105◇10/24

 

  • ミシン

 

使わせてほしいと言ってきたのは、ここ何年か釣りを始めたらしい孫のひとり。ようは釣り竿を入れる袋を作りたかったようで、嫁さんと我が妹とふたりの婆がサポートしながら、なんとか手作り感あふれるひと袋が出来上がって目出度し。

 

釣果を捌いて料理なんかも自分でしているらしいのだが、

そのおすそ分けが我が家に届いたことはまだない。

 

Sentence / Miyaoshi Masao @たくゆき

 

| | コメント (0)

2023年10月17日 (火)

オヤジとおんなじ

週刊センテンス ◇Vol.1104◇10/17

 

  • 河原、行ってくるわ。

 

日々くりかえす夕方の散歩。そういえば、けっきょく、オヤジとおんなじことをしているじゃないか。逝ってから、もう二十年になるのに、今更ながら、そんなことに気がついた。でも、一つだけ、ちょっと違うところがあって、羨ましい。

 

そう、クロという名の相棒がいつも一緒だったオヤジ。

僕はといえば、いつも一人で、ただただゆっくり歩いている。

 

Sentence / Miyaoshi Masao @たくゆき

 

・thanks / Powered by Mag2

| | コメント (0)

2023年10月10日 (火)

老眼鏡

週刊センテンス ◇Vol.1103◇10/10

 

  • 目の愛護デー

 

十代後半から眼鏡をかけ続け、近眼は老眼になりにくいという風説に、ずっと寄り添ってはいたのだが、妻が百円ショップで老眼鏡を買いだめする傍らで、ついサンプルを試してみると、これが思った以上に小さな文字が読めるではないですか。

 

そう、ここ何年か、ちょっと本が読みづらかったのは、

そうか、そうなんだ、老眼がそれなりに進行していたんだっ。

 

Sentence / Miyaoshi Masao @たくゆき

 

| | コメント (0)

2023年10月 3日 (火)

ミュンヘン

週刊センテンス ◇Vol.1102◇10/3

 

  • 四条河原町

 

大有社OB同期会。ミュンヘンでの開催は2度目だろうか。今はない広告代理店だが、同期入社9人のなかに2部学生の僕も加えてもらえて感謝に耐えない。夜は宣伝会議のコピーライター養成講座に通い、その1年後には退社した僕ではある。

 

一人は音信不通で、一人は昨年一足早く逝ってしまった。

7名の同期会が、はて次回はどうなっていることやら・・・。

 

Sentence / Miyaoshi Masao @たくゆき

 

| | コメント (0)

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »